店舗の物販と会計について考えよう

近年、インターネットショッピングサイトが主流となりつつある物販業界ですが、あえてこれを利用しない物販であっても十分利益を出すことが可能となります。
以下、この点について説明いたします。
まず、インターネットショッピングサイトの場合には、店舗経営を行う上でかかる必要経費である光熱費や店舗賃料、従業員に対して支払う人件費などを支払う必要がないことから、商品販売にかかる所得の量を増やすことができる、販売対象を全国に広げることが可能となることから顧客層を拡大することができるというメリットを有しています。
しかし、このような顧客については、インターネットショッピングサイトを利用することに対してメリットを生じている人間のみについて需要を有しています。
すなわち、単純に特定の商品を購入することを目的とする人間のみをその対象にしているということができます。
したがって、消費の取得ではなくショッピングという行為そのものを目的としている人間にとっては、特に利用するメリットが存在しないということができます。
すなわち、このような方々を対象とした店舗運営の場合には、利益を十分に出すことができるということができます。
そして、このような利益を出すためには、買い物という行為そのものに対してメリットを生じさせるような店舗経営を行う必要があります。
具体的には、その購入者の人的性質などの個別的な要素に応じて商品を提供するという経営方針を採用するとか、できるだけ多くの商品を店頭に並べたり、試食や試着などの試供品を提供することによって、購入のシミュレーションを購入者に行いやすい状況にするような経営を行う必要があります。
このような経営方針を採用することによって、特定の顧客を獲得することによって、安定的な収益を得ることが可能となり、十分な利益を得ることが可能となります。
したがって、安易にインターネットショッピングサイトを利用するのは得策とは言えません。

Posted by Cy7RjGmu in